堺市・大阪市の家族葬専門葬儀社 ワンハートセレモニー
ご相談・お問い合わせは 0120-96-1810まで。365日24時間受付しております。

生活保護葬

HOME > 生活保護葬

生活保護葬


生活保護を受けられている方へ。 負担額0円のお葬式 生活保護について

生活保護葬とは?

生活保護を受けられている方が実質の自己負担額0円で受けられる、必要最小限のお葬式のことです。
条件に合えばどなたでも依頼可能で、お住まいの市町村より、受給される葬祭扶助(そうさいふじょ)で葬儀費用をまかないます。
別名「福祉葬」「民生葬」とも呼ばれます。

生活保護葬の対象者

※ご逝去された方が生活保護受給の方
※喪主をつとめる方が生活保護受給の方
※注意故人が被保護者であったとしても、お葬式を行う方にお支払い能力がある場合は支給されません。

葬祭扶助(そうさいふじょ)とは?

葬祭扶助とは、国が定める生活保護法の―つ。
遺族などが困窮のため、葬祭を行うことができない場合、国がその金額を負担してくれるというものです。
※注意 葬祭扶助が支給されるのは、あくまでも葬儀の費用を出すことができない方のみです

生活保護葬の注意点

生活保護法 第18条より


1項:葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、下記に掲げる事項の範囲内において行われる。

1検案
2.死体の運搬
3.火葬又は埋葬
4.納骨その他葬祭のために必要なもの


2項:下記に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。

1.被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。
2.死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

※解説上記1-4「納骨その他葬祭のために必要なもの」につきましては、自治体によって解釈に幅がありますので、ほとんどが支給されないと考えた方が無難です。したがって、
葬祭扶助で行う「生活保護葬」とは、亡くなった方を棺に納め、
火葬を執り行う「直葬」「火葬式」と呼ばれる葬儀スタイルになります。
僧侶もつかないことがほとんどです


生活保護葬の流れ

お迎え・安置 通夜式 葬儀・告別式 火葬 初七日

ご依頼までの流れ

市役所で葬祭扶助が受けられるかどうか確認をする
葬祭扶助が適応できるか対象者の住民票がある市役所に電話をする。
申請者が生活保護を受けている場合は、対象者・申請者両方の市役所に確認をする必要があります。



ワンハートセレモニーにお電話
葬祭扶助が受けられると分かった段階で当社にご連絡下さい。
最短1時間で、ご指定の場所までお迎えに上がります。




お葬式施行の手続きを申請
お葬式の後、当社が葬祭扶助申請などの手続きを行います。
こちらが完了しますと自治体より葬儀社に支払いがあります。
実質、お客様が負担する費用は0円になります。




「生活保護葬」についてもっと詳しく知りたい
という方は当社までお電話ください。


ご相談・お問い合わせは 0120-96-1810 弊社スタッフが迅速に対応させていただきます。365日24時間受付 ワンハートセレモニー 大阪府堺市北区新金岡町5丁目3-126 

ページの先頭へ

葬祭 葬儀 大阪 SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール
家族葬