堺市・大阪市の家族葬専門葬儀社 ワンハートセレモニー
ご相談・お問い合わせは 0120-96-1810まで。365日24時間受付しております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

アーカイブ

総数2件 1


(*゚∀゚)日本は死者と交流する機会が多いですね。ステキです〜


20年程前、国際結婚をした従姉妹のご主人から言われました。

その時の私は「そ、そうですね…」と返しながら
(ステキって一体??)と思ってしまいました。


うちの実家はとにかく《親戚の集まり》が多かったです。
↓↓
・毎日曜は祖父母宅に集合→宴会(小学生まで強制参加)
・法事は年3〜4回→宴会(中学生まで強制参加)
・お盆の墓参り→宴会(高校生まで強制参加)
・2年に1回は北陸の本家主催の法事→宴会 


従姉妹の夫は「死者と交流する機会」と言ったけど、
私にすれば、愛ある小言をエンドレスで受け止めなくてはいけない
「めんどうな親戚達との交流」だったわけです。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

最近、比較的若い喪主様方とお話しする機会が続き、
その中でストレートな質問を色々いただきました。

「('A`|||)お葬式の後にも色々あるんですね」

「四十九日、一周忌、三回忌…(≧ヘ≦) いつまで続くんですか」

「( ´_ゝ`)香典をもらい、返す…。合理的とは思えないです」



決して故人をないがしろに思っているわけではなく、
「なぜ?」という気持ちからだということが伝わってきました。


。゜゜(´□`。)°゜。そのお気持ち、わかります


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


こうして年を重ねて、私自身が今思うのは
「めんどうなしきたりに強制参加させてくれてありがとう」
という感謝の気持ちです。

自分が今ここにいるのは
たぶんあの人達がいたからなんだな〜 
と思い起こすことがしばしば。

親も含めて当時の親戚達ほとんどが亡くなって、、、
二度とあの宴会はできない、とわかってからの気持ちです。


もちろん理不尽なことを無理にさせるのはどうかとは思いますし、
少子高齢化で、まして日本各地に親戚縁者が散らばる現代で
経済的に肉体的に疲弊してまでもやることではない…とも思います。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そんなことをふと考えたのは
先月は法事のお手伝いをする機会が続いたからです。

その日のために施主様は2〜1カ月前に日時を決め、親戚方に連絡し、
会場を押さえ(自宅の場合も)、料理を手配し、
お持ち帰りの品、お供え物の準備などを考えられます。


お葬式と違うのは、
準備に時間をかけられる分、こだわりも迷いも増えますし、
親戚方を招集する側としての負担や悩みも生じます。

とってもめんどうです!

それでも、法事を終えられた施主様は、
皆さま穏やかな安堵感に包まれているように感じます(個人的に)。


親戚方を出迎え、お経をいただき、法話を聞き、
その後の会食で故人の思い出話とともに
それぞれの近況を話し合われる様子を拝見していると・・・
何より私自身がとても嬉しくなります。

またそんな中、つまらなそうにしている子供達をみていると
昔の自分を見ているようでホッとします。

つまんなくて当然です。ここに来ただけで十分。


いつか大人になったら
ぜひ施主側になって欲しいと思うのですが。
どうかな?

めんどうなことを教えて
疎まれる存在が大人なんだと思う、今日この頃です。

20050811-b5-239
よしだ



contact_mail<<<
【お葬式】の「分からない!」を
メール・電話でお答えします



contact_shiryou<<<
入力時間わずか3分!
【葬儀資料】【お見積り】をお届けします




○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

3000件の実績
大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】

ワンハロゴとスタッフ_ブログ用(小)
大阪・堺でのご葬儀・家族葬を
自宅・寺院・集会所・市立斎場など
ご希望にあわせてご提供。
365日24時間で対応しております。


相談サロン・手元供養のお店
【ワンハート 祈りのかたち】

店頭02
大阪・堺でのお葬式の事前相談や、
お葬式のあとの手続き・供養・法要の
ご相談はお任せ下さい。


有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

先日、理髪店で某雑誌を読んでいると、

〈終活業界に激震!?〉
〈友引が消える〉
〈六曜の2033年問題〉


との大見出しが飛び込んできました。

どうやら「2033年問題」なるものがあり、
それに「六曜の友引」が絡んでくるようです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

まず「2033年問題」とは何か?

wikipediaの内容をまとめてみると…

日本の旧暦は、天保暦(てんぽうれき)。
日付や月を決めるために一定のルールがあります。
そのルールに則っていると、2033年秋には、
9月の次が11月になる不具合が生じる、
という問題です。


なぜそうなるのか?その解決策は?他の旧暦採用国の対応は?
などなど詳しいことは
Wikiのページをご参照ください。

要するに、
このままでは、
2033年には「旧暦の10月」が無くなってしまう!


というのが【2033年問題】だそうです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

次に、
「六曜」と「友引」についてです。

「六曜」は「友引」「大安」など日の吉凶を示す民間信仰。
「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、
主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。
日本人にとって影響力のある身近な縁起物。


↑でも「民間信仰」「縁起物」と書かれ、
過去のブログでもしばしば触れているように
「六曜」とは、まあ、迷信です

(参考記事:「あの不幸な事故」と「友引」の件
 「友引の件」続き友引(ともびき)友引(ともびき)続き


ただ、「六曜」の決め方にもルールがありまして、
例えば、旧暦二月と八月の朔日(ついたち)は、「友引」になる
というように、
旧暦の暦に対応しているのです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

まとめてみると、
〈六曜の2033年問題〉とは、
2033年は、
旧暦の月が決められない

六曜も決められない
という問題なのです。


「普段の生活では旧暦なんて使ってない」
「友引?大安? 何それ?」
そんな大半の現代人にとっては、
何が「問題」なのか分からない
マニアックな【問題】なのです。

しかし、
そこは雑誌の“業”、
いろいろと煽ってきますよ〜(笑)

少し長めの引用ですが…

最も混乱が懸念されるのが葬儀業界だ。
火葬場は葬儀の日としては避ける人が多い友引を
定休とするところが少なくない。

「友引の休業日は火葬炉のメンテナンスのために必要なものです」
(都営の瑞江葬儀所管理事務所)

年間130万人が亡くなる多死社会において、
うまく休業日が設定できず、
火葬炉の金属部分などが熱疲労を起こして事故などになれば
それこそ一大事だ。

影響は業界全体に及ぶ。
桐ケ谷斎場など6斎場に61墓の火葬炉を所有する
東京博善の管理本部は
「毎年12月に葬儀業者向けに翌年の友引日を記した冊子を配っているが、
その時までに六曜が決まっていなければどうしたらいいか」と話す。

僧侶でジャーナリストの鵜飼秀徳氏もこういう。
「寺院関係者は葬儀がない友引をコンサート観賞や家族旅行に充てる場合が多い。
友引がなくなれば休日をきめられなくなる」

(中略)
 
「他の案が今後出てきてもおかしくない」(業界関係者)といい、
仮に友引がカレンダーによってバラバラなら、
火葬場、葬儀業者、僧侶の日程が合わず葬儀日程が
スムーズに決められない事態も発生する。

住職の都合に合わせてスケジュールを設定したら
遠方で骨を焼かされるハメにといったケースが続出する懸念もある。

ただでさえ2033年頃は団塊世代が80代後半になり
“葬儀インフラ”が足りなくなる時代だ。
「混乱を避けるためにはできる限り見解を統一させることが好ましい」
「穏やかな死」のためにも無関心ではいられない。


冷静にツッコんでいきましょう!

>火葬場は友引を定休とするところが少なくない
→今どき、友引が休みの火葬場の方が、
 全国規模でみたら少数派なのでは…
 少なくとも大阪の火葬場に友引は関係ないです。
 (参考記事:火葬場が休む日

>友引の休業日は火葬炉のメンテナンス
→ローテーションで火葬炉メンテを行えばイイのでは…

>毎年12月に友引日を記した冊子を配っている
→知らんがな…

>寺院関係者は友引を
>コンサート観賞や家族旅行に充てる場合が多い

→知らんがな…

>住職の都合に合わせてスケジュールを設定したら
→僧侶をお招きする場合、
 都合を合わせるのは普通なのでは…

以上、
なんというか、
一般の消費者を置き去りにして、
業界関係者の休みが少なくなり困っている
という風にしか読めない記事ですね。

そもそも、
「影響は業界全体に及ぶ」と言いながら、
紹介されているのは、
瑞江葬儀所にせよ、東京博善にせよ、
すべて東京、それも都内限定ですよね。

葬儀は日本全国で行われているのに、
東京都内の業者だけを、
業界の代表のように扱うのは
アンフェアではないですかね。

という訳で、
大見出しの〈終活業界に激震!?〉
とは、
東京(都内?)の葬儀関係者が、

2033年に、俺らの休みが無くなる〜

(≧△≦)イヤー


となっている問題のようです。

どちらにせよ、
おっちょこちょいな記事ですね。

               blog_藤井イラスト2藤井



contact_mail<<<
【お葬式】の「分からない!」を
メール・電話でお答えします



contact_shiryou<<<
入力時間わずか3分!
【葬儀資料】【お見積り】をお届けします




○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

3000件の実績
大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】

ワンハロゴとスタッフ_ブログ用(小)
大阪・堺でのご葬儀・家族葬を
自宅・寺院・集会所・市立斎場など
ご希望にあわせてご提供。
365日24時間で対応しております。


相談サロン・手元供養のお店
【ワンハート 祈りのかたち】

店頭02
大阪・堺でのお葬式の事前相談や、
お葬式のあとの手続き・供養・法要の
ご相談はお任せ下さい。


有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総数2件 1

ページの先頭へ

葬祭 葬儀 大阪 SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール
家族葬