堺市・大阪市の家族葬専門葬儀社 ワンハートセレモニー
ご相談・お問い合わせは 0120-96-1810まで。365日24時間受付しております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

アーカイブ

総数2件 1


どうも、荒尾です(*・ω・)ノ

つい最近になりまして
ふと、「中陰」ってどんな意味なんだろう?と
思いまして色々と調べてみました( ´∀`)つ

意味を知っているのと知らないとでは
考え方も変わってくると思いますので
ぜひ、読んで下さいm(_ _)m

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
中陰とは

中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)、
仏教で人が死んでから次の生を受けるまでの49日間を指す。
死者が今生と後生の中間にいるため日本独自の死生観として、
死者があの世へ旅立つ期間とも解釈される。四十九日。

浄土真宗では、
故人は臨終と同時に浄土に往生すると考えるので、
中陰期間は、故人に対する追慕、
故人を通して「生と死」について考え、
謹慎し求法の生活をする期間である。

概要として

発祥地であるインドの仏教においては、
臨終の日(命日)を含めて7日ごと、
7週に亘り法要を行っていた。

インドでは、輪廻の思想により
人の没後49日目に次に六道中のどの世界に
生まれ変わるかが決まると考えられていた。

またその元の生と次の生との
中間的な存在である49日間の状態を
「中陰」もしくは「中有」と呼んでいた。

この中陰の期間中に審判があり、
閻魔大王によって生前の罪が裁かれる。

罪が重いと魂を清めるため地獄に落とされるが、
遺族が中陰法要を行い、
お経の声が審判官に届けば赦される。
それが7日毎に行う法要である。


これが中国に伝わり、
死者への裁きは一度でなく、
中陰期間の7日ごとと100ヶ日、
一周忌、三回忌に10人の王によって10回の裁きがあるとされ、
閻魔王の他に9人の裁判官が追加された。

さらに後、日本にも伝わり、
宗旨によって様々な考え方に別れた。
また四週目と五週目の法要の間に、最初の月命日が来る。

                         by「ウィキペディア」
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
ちなみに、10人の裁判官が気になり調べてみました。

秦広王 (しんこうおう)
不動明王(ふどうみょうおう) 初七日

初江王 (しょこうおう)
釈迦如来(しゃかにょらい) 二七日

宋帝王 (そうていおう)
文殊菩薩(もんじゅぼさつ) 三七日

五官王 (ごかんおう)
普賢菩薩(ふげんぼさつ) 四七日

閻魔王 (えんまおう)
地蔵菩薩(じぞうぼさつ) 五七日

変成王 (へんじょうおう)
弥勒菩薩(みろくぼさつ) 六七日

泰山王 (たいざんおう)
薬師如来(やくしにょらい) 七七日

平等王 (びょうどうおう)
観音菩薩(かんのんぼさつ) 百か日

都市王 (としおう)
勢至菩薩(せいしぼさつ) 一周忌

五道転輪王 (ごどうてんりんおう)
阿弥陀如来(あみだにょらい) 三回忌

となそうです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
中陰でここまでの意味があるとは・・・・(o´Д`)=зフゥ

本来ならば、こういった「裁き」があるので
7日毎にお寺さんを呼んで
お経をあげてもらうのがいいのですが・・・
この頃はそれも難しくなってきています。

社会的な諸事情により
簡略化されていくのは時代の流れです。

しかしながら、本来の儀式の意味を理解し、
その意図とする所や心意気だけは汲み取り、
出来る範囲で実行していくことが大切だと思います(。+・`ω・´)キリッ

                    blog_荒尾イラスト


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

3000件の実績
大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】

ワンハロゴとスタッフ_ブログ用(小)
大阪・堺でのご葬儀・家族葬を
自宅・寺院・集会所・市立斎場など
ご希望にあわせてご提供。
365日24時間で対応しております。


相談サロン・手元供養のお店
【ワンハート 祈りのかたち】

店頭02
大阪・堺でのお葬式の事前相談や、
お葬式のあとの手続き・供養・法要の
ご相談はお任せ下さい。


有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

朝、
葬儀式場へお連れする為、
ご自宅におられる故人様をお迎えにあがりました。

ご自宅からの出棺の時、
ふとバックミラーをみると、
ご遺族の三姉妹が一礼して車を見送っていました。

皆さん、故人様(=お母さん)が
嫁入り道具でしつらえたであろう喪服をおめしでした。

早朝に喪服姿の三人の女性が車を見送る姿・・・
小津安二郎の映画のようでした。



そのご当家の一日葬の担当を終えた午後、
他県からはガラが悪いと思われているらしい大阪の、
その府民もあまり近付きたがらない
大阪市西成区・あいりん地区にある西成警察署にいました。

孤独死され、一週間後に発見された故人様の
お迎えにあがるためです。

担当部署の刑事課がある三階へ行くと、
酔っぱらった(?)おっちゃんが刑事さんに大声で
喚き散らしているところでした。

何を言っているのかは分かりませんが、
恫喝している様子でした。
しかし慣れているのか、
刑事さんの対応は冷静でした。


そんな中、連絡を受けて駆けつけたご遺族と
初めてお会いし、ご挨拶をしました。

その後、検視を終えた故人様を安置施設へお連れし、
お姿を整えて、ご遺族と対面していただきました。
様々なご事情で、会うのは十数年ぶりとのことでした・・・。


その打ち合わせを終えて帰社した夕方、
翌日の会議で使う資料を作成するため、
思うように行の揃わないエクセルと格闘しながら、
ふと「振り幅の大きい日だったなぁ」と一日をふりかえりました。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ネットのおかげで、
葬儀の流れや費用は調べやすくなりましたが、
葬儀屋さんが実際にどんなことをやっているのかは、
意外と知られていませんし、
調べるのも難しいですよね。

「非日常が日常」の仕事と言われますが、
葬儀に携わっていると、何が「非日常」なのか
分からなくなってきます。

そのせいか、
ネットで「葬儀の仕事」と検索してみると、
葬儀に携わっている人もそうでない人も、
同じように「遺体の処置」とか、
「葬儀の打ち合わせ」とか書いています。

文字にすると、まあ、その通りなのかもしれませんが、
「処置」、「打ち合わせ」と書かれても、
どこで、どんなことをして、どんな風に話すのか、
具体的なことが分からないですよね。

葬儀で大切なことは、
案外そういった行間にあるように思います。
ですので、たまに自分を振り返る意味で、
こんなブログも書いてみるのですが、
やはり自分には手に余るようです(汗)

セミナーなどに参加すると、
葬儀屋さんも情報発信が不可欠と言われますが、
文才のある葬儀屋さんって少ないように思います。

そんな訳で、求む文才のある葬儀屋さん。

               blog_ひらたイラストひらた


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

3000件の実績
大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】

ワンハロゴとスタッフ_ブログ用(小)
大阪・堺でのご葬儀・家族葬を
自宅・寺院・集会所・市立斎場など
ご希望にあわせてご提供。
365日24時間で対応しております。


相談サロン・手元供養のお店
【ワンハート 祈りのかたち】

店頭02
大阪・堺でのお葬式の事前相談や、
お葬式のあとの手続き・供養・法要の
ご相談はお任せ下さい。


有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総数2件 1

ページの先頭へ

葬祭 葬儀 大阪 SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール
家族葬