堺市・大阪市の家族葬専門葬儀社 ワンハートセレモニー
ご相談・お問い合わせは 0120-96-1810まで。365日24時間受付しております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

総数681件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28


どうも、荒尾です( ´∀`)つ
今日は・・・・・北方領土の日です(*^・ェ・)ノ

北方領土とは
日本政府が1981(昭和56)年に制定した、
択捉島・国後島・色丹島・歯舞諸島から
なる、面積4996平方km(沖縄の2倍強)の土地ですね(≡ω≡.)

歴史的には、
日本は、江戸時代より北方領土の開発・経営をしてました

1854(安政元)年12月21日(新暦1855年2月7日)、
「日露和親条約」
が締結され、北方領土が日本の領土として認められ(`・ω・´)

1875(明治8)年
「樺太千島交換条約」
によって樺太全島を放棄する代わりに千島列島全てが日本領となり

1905(明治38)年
日露戦争の勝利により、「ポーツマス条約」で南樺太も日本領となり

1951(昭和26年)
第2次大戦の敗戦により、「サンフランシスコ平和条約」で、
日本が戦争によって奪った土地の権利・権限等は
放棄することとなり、千島列島もその中に含まれた(*´ェ`*)

しかし、北方領土は戦争によって獲得した土地ではなく、
権限を放棄する千島列島には含まれていませんが、
ソ連は千島列島の一部であるとして北方領土を占領し、
その状態が現在まで続いています(´・ω・`)

と、
意外に重い話題、
というか現在も続く問題だったのですね('▽'*)ニパッ♪

ちなみに、
この日、日本政府は、全国的に各種のイベントを開催しましたが、
それに抗議するように、
千島列島では、ロシア軍は、
空軍や太平洋艦隊所属の艦艇が参加する1000人規模の演習を行い、
ロシアのSu27戦闘機2機が北海道の利尻島の領空を侵犯し、
自衛隊のF2戦闘機4機が緊急発進したそうです。

風邪気味で熱も少しでてるので、
ホットな話題を選んでみました

                     blog_荒尾イラスト



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

葬儀の打ち合わせが終わり、
その日時を、ご親族や、会社関係、ご近所にお知らせするとき、

昔ながらのやり方なら、忌中紙を玄関にはりだします。
(防犯のため、都心部では、少なくなりましたが・・・)
近ごろは、メールで一斉送信して知らせる方も多いですね。

会社関係の方へのお知らせなら、訃報をFAXで流したり、
ご近所なら、町会に頼んで、訃報を回覧板で回したり、
地域の掲示板にはりだしたりしますね。

訃報    忌中紙
      訃報                忌中紙



ところで、葬儀・告別式が、お昼の12時に開式の場合、
そのお時間の書き方は、どうされますか?

告別式 12:00 〜 13:00
うーん、13:00ってのが伝わりにくいような・・・

告別式 午後0時 より 午後1時
って、アレ・・・
午前12時だっけ?
それとも、午後0時だっけ??

ご葬儀に限らず、何かの会の告知をするとき、
こんな経験ありませんか?

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

気になったので、調べてみました。

この「午前・午後」が定められたのは、
どうも明治時代の【太政官達(だじょうかんたっし)第337号】のようです。
太政官達 第337号

そこには、
真夜中のことは、
「午前0時」「午後12時」という2つの言い方が書かれているのですが、
お昼の12時のこととなると、
「午前12時」という言い方だけしか書かれていません。

つまり、
「午後0時」という言い方は、存在しないのです(゚∇゚ ;)エッ!?

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

とはいえ、例えば、
お昼の12時半に開式のご葬儀のとき、

告別式 午前12時30分 より 午後1時30分

と、告知するより、

午後0時30分 より 午後1時30分

と書くほうが、誤解が少ないように思いませんか?


そういう訳で、
正解は、「午前12時」ですが、
「午後0時」もアリだと思います


告知は分かりやすい方がイイですからね(^∀^)


ところで、
先日、町会が作成した訃報の時間が間違っており、
参列の方が2時間も早く到着されることがありました。

喪主さんが時間を記入するさい、
午後7時と、19時がごっちゃになって、
17時と書いてしまったようです。

喪主さんは、心身ともに疲れる立場です。
訃報などの作成は、是非、葬儀社に頼んでください。
そのための葬儀社です!
活用しないと損ですよ(*´∇`*)

                   blog_平田イラストひらた


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

こんにちは。
2月に入ってもまだまだ寒い日が続きますね。

おかげさまで近頃 「祈りのかたち」には、
ワンハートセレモニーでお葬式をお手伝いさせて頂いた方以外にも、
ご近所の方や、通勤・お買い物などでお店の前をよく通っている方、
インターネットで検索された方
などなど、ご来店下さる方が徐々に増えてきました。

嬉しいです!

大切な方の遺骨を少しでも身近に置いておきたいという想いは
自然な事だと思いますし、
その遺骨を納める骨壺やペンダントなどを、
求めている方がとても多いという事を、
「祈りのかたち」にいると強く感じます。

かわいいミニ骨壺やペンダントや数珠・・・色々な遺骨を納められるものが
数多く展示販売していますので是非〜見に来て下さい!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

最後にとてもかわいいミニ骨壺をご紹介させて頂きますね。

七宝シリーズ








七宝シリーズ(全5種類)
各¥8,800



                      「祈りのかたち」 煖エ 美智代


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

今年は暖かい節分になりました。

でも、また寒くなるそうですよ〜。
  「三寒四温」 の時季は3月のはずですが、
  今年は早いんでしょうか・・・
  冬の気温差はホント身体に堪えます。
  皆さん、お身体にはぐれぐれもお気をつけくださいませ。


節分といえば、関西では 「恵方巻」 。
今年は南南東に向かって、丸かぶりしました。

実はさっき会社から帰ってきた所なんですが
わが家では3種類の恵方巻」が  “丸かぶり” 。

@会社からいただいたもの。
A旦那が買ってきたもの。
B長男が気まぐれで買ってきたもの。

おかげで、夕飯はこれで済みました
ありがとうございます!

中でも、うちの会社からいただいたのがイチバン美味しかったです
(ホンマに)
家族でも大好評でした。

ごちそうさまでした 
                    
                    blog_吉田イラスト
よしだ



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

わたし、子どものころからUFOとか雪男などの未確認生物モノ大好きです。

有名なとこではネス湖のネッシー、ヒマラヤの雪男、サスカッチ・・

日本では広島県のヒバゴン、

そして「ツチノコ」は日本中大ブームになり

捜索隊もたくさん組まれましたが発見には至らず。

つり吉三平の作者の矢口たかおさんも

マンガにしたりでそれはもうえらい騒ぎでした。

植田少年たちも淀川や神崎川の草むらを捜索しておりました(・ε・)

「すごいジャンプするから気をつけろ!」とか言いながら。

残念ながら捕まえたのは青大将ばかりでした。



長崎県の五島列島出身の友人は

子供のころ「かっぱ」を見たそうです。

小川で親子のかっぱが泳いだり休憩したり

してたそうです。かなりの近距離で見たらしく、

色は茶系、親が30センチくらいで子はその半分くらい、

背中から伸びた体毛はおしりまで届き、

手には水かきがあるのがよく見えたそうです。



そんな話聞いてからいろいろ調べましたら

五島列島では昔から普通におるいきものと

考えられているようです。


話変わって、うちの煖エ社長は「天狗」と遭遇しました。

本人は釣り天狗なのですが、三重と奈良と和歌山の

境目あたりの山村に住む、友人のご両親のお住まいの

古い家でのことです。


そのご両親は天狗なんてまったく見たことはないし、

なにも感じないとおっしゃってたのですが・・・



夕方、

うっそうとした森林の木の裏から

顔を出す天狗!!!鼻長い!!!(゚ロ゚;)エェッ!?



さらにその家では「座敷わらし」にも遭遇!!!w(*゚o゚*)w

30センチくらいの子供が部屋を走りたおし、すっと消えます!!



酔っ払っていたのでは?



少々お酒も飲んでおりましたが、

どちらも見た途端、酔いがすっ飛んで、

寒気がしてブルブルふるえたそうですから

ほんとうでしょう。


詳しく聞きたい方、マニアの方、興味のある方は

いつでもワンハート祈りのかたちに

お越しください。

                    blog_植田イラスト植田達也



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


どうも、荒尾ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
今日は2月1日でテレビ放送記念日だそうです。

1953(昭和28)年のこの日、NHK東京放送局が
日本初のテレビの本放送を開始したそうです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

1953(昭和28)年2月1日午後2時、東京・内幸町の
東京放送会館から「JOAK-TV、こちらは
NHK東京テレビジョンであります」の第一声が放送された。
当時の受信契約数は866台、受信料は月200円だった(゚ロ゚;)エェッ

その年の8月には日本テレビ、
翌1954(昭和29)年3月にNHK大阪と名古屋、
1960(昭和30)年4月にラジオ東京(現在の東京放送(TBS))
でもテレビ放送が開始されました(´∀`)

ちなみにテレビ最初の番組は『道行初音旅』
記念すべき日本のテレビ史上最初の番組は尾上梅幸、
尾上松緑らの菊五郎劇団の
舞台劇『道行初音旅(みちゆきはつねのたび)』です('▽'*)ニパッ♪
初!!テレビ放送


さらにさらに(≡ω≡.)
株式会社メモリアルアートの大野屋さんが

昭和48年から葬祭業界では初めてのテレビCMを開始、
小林亜星、滝田ゆう、ミヤコ蝶々などを起用し、
話題になったそうです(●´ω`●)

                    blog_荒尾イラスト





○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


葬儀屋さんは、昔から「待ちの商売」と言われています。

いわゆる「営業」活動がしにくい業種ですので、
ご家族からの葬儀の依頼を「待つ」ということでしょう。

ところで、ご葬儀の依頼がどのように来るのか?といいますと、
そのほとんどは、ご家族からの【電話】です。
お電話をいただいたあと、
葬儀社は、病院・ご自宅に駆けつけて、ご葬儀の依頼につながるわけです。

「○○が亡くなりました」
と、直接、葬儀社をたずねてこられるお客さまは非常にまれですね。
(ぼくの経験では1度だけです)

そんなわけで、葬儀社にとって「電話」はとても重要で、
夜であろうが、盆・正月であろうが、
24時間365日、電話には出られる体制をととのえています。
(ワンハートセレモニーではもちろん、他の葬儀社でもそうでしょう・・・恐らく

そんな大切な電話ですから、
ワンハートセレモニーでは、
お客さまからお電話をかけていただきやすいよう、
フリーダイヤルを設けています。
通話のご負担がかからないように、
というささやかな配慮ですね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

先日、一本のお電話をいただきました。
事務所の電話器は、
お相手の電話番号がわかる画面がついています。
(「非通知」でのお電話だと分かりません)
その画面には、「公衆」の文字が・・・

つまり公衆電話からかけてこられたんですね。
病院から葬儀のご相談のお電話でした。

お話が長くなりそうで、通話料がかかりそうでしたので、
「コチラから携帯電話にかけなおしましょうか?」
とお伝えすると、
「いえ、フリーダイヤルにかけてますから」
とのこと。

結局、20分ほどご相談を受けて、受話器をおいたのですが、
ふと、
『アレ?公衆電話からフリーダイヤルって、タダだったっけ??』
と思い、ドキドキしてきました。

で、事務所前の区役所に駆け込んで、
公衆電話から会社のフリーダイヤルに電話して、試してみました。

結果・・・、タダでした('▽'*)ニパッ♪<

いったんコインか、テレフォンカードを入れてから、
ダイヤルしていただきますが、
通話後はかえってきますよ。

ご心配の方が、入院されている場合、
病院から携帯電話は難しいですからね。
ご安心して公衆電話から弊社フリーダイヤルにお電話ください。

番号は  です

もちろん、ご自宅の固定電話や、
携帯電話からでも無料ですよ(⌒∇⌒)


                    blog_平田イラストひらた


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

先日、東京に行って来ました。
今回は新大久保や浅草など「ガイドブックに載っている場所に行こ〜!」
という目標をたて行動しました。
いつも、渋谷・新宿・代官山・・・
ショッピング目的の場所ばかりなので〜

しかし!やっぱり東京はどこへ行っても人が多い!疲れます。

行き帰りは新幹線に乗ることが多く今回も新幹線でした。
片道 2時間半の旅です。
新幹線の中でのみ販売している「ウェッジ」という雑誌があるんですが
毎回、楽しみに読んでいます。

今回の「ウェッジ」に掲載されていた中で
亡くなられた「立川談志」さんの記事があり、とても印象的でした。
戒名と位牌と仏壇の事だったのですが・・・

破天荒な談志さんらしい内容でした。
戒名は自らつけ、位牌・仏壇は娘さんが彫刻家の大森暁生さんに
依頼し造って頂いたそうです。
その位牌と仏壇はとても談志さんらしく素敵です!
ご家族・友人・・・談志さんを想う気持ちがすごく伝わってきます。
私もこんな仏壇・位牌 造りたいなぁ〜 

ちなみに戒名は「立川雲黒斎家元勝手居士」
(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)
ふざけた戒名のため、なかなか受け入れてくれるお寺がなく1年間ほど納骨出来なかったそうです。
結局、宗派を問わない霊園に決まり納骨されたそうです。
めでたし めでたし

                      煖エ 美智代


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

 
 「祭壇のお花をぜんぶ棺に入れてもらえて、うれしかったです」
 「私もあんな風にお花に囲まれて逝きたいわ」

  先日、お葬式を終えた家族さんからこんな言葉をいただきました。

ワンハートセレモニーでは基本、祭壇のお花はぜんぶ
「最後のお別れ」の際に棺に入れていただいています。

もちろん入りきらない場合は無理にお入れしませんが、
祭壇のお花はすべて故人さま、家族さまのためにご用意したもの。
多少時間がかかっても丁寧にお切りして、
皆さんにお渡ししているんですよ。

↓ たとえばこんな花祭壇の場合も・・・
プラン40_参考例



ところで、、、先週は、
海外で起きたテロ事件の映像が多く報道されましたね。
中でも飛行機から降ろされた棺に、
関係者の方々が献花されている姿が印象的でした…。

悲惨な事件、事故、災害などで命を落とした人を悼む時、
また、「死」を時を経ても忘れないために、
人は花を手向け、灯りをともします。
それは宗教を超えて世界共通のような気がして、
すごく不思議です。

そんなことをぼんやり考えていた昨日、
お風呂上りにふと家の本棚にある一冊の本に目がいきました。
10数年ぶり位に開いたその本の中の言葉が
すと〜ん!! と心に落ちてきたので、、、紹介します。

  
 喜びにつけ悲しみにつけ、花はわれわれの不断の友である。
 花とともに食べ、飲み、歌い、踊り、戯れる。
 花を飾って結婚し、洗礼をおこない、花がなくては死ぬことさえできない。
 われわれは、百合の花をもって礼拝し、蓮の花をもって瞑想し、
 ばらや菊の花をつけて戦列を組んで突撃した。
 さらに花言葉で語ろうともした。
 花なくして、どうして生きてゆけようか。
                   
                 岡倉天心『茶の本』第6章「花」より

天心さん、さすが。
カッコいいです!

                             blog_吉田イラストよしだ


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

亡くなられたお父さん・お母さんについてご家族におたずねことがあります。

「自分自身より、まわりのことを一番に考えるひと」

「怒るとめちゃくちゃ怖いが本当はやさしく涙もろい」

いろんなお話が聞けます。


「ほとんど父の記憶はないんです。人の道をはずれたことばかり

してたみたいだし、愛されたなんて感じたこともないんです・・」

そんなお父さんに、5歳の時に捨てられたHさん(40代男性)が

葬儀を執行せよと役所から呼び出されました。




こんなケースは、ほとんどの場合

「親やけどその人とは、もう関係ないから」とか

「かかわりたくない!そっちでなんとかしてくれ!」

となり、引き取り手のない寂しいご遺体は

自治体と葬儀社が共同で火葬します。


この亡くなったお父さんは、複数の奥さんと

たくさんのお子さんがいらっしゃるのですが、

連絡のついた方は全員「引き取り拒否」。

よほど悪いことばかりしてたのか・・・



山陰地方で役所の福祉課に勤めておられるHさんは

仕事柄、責任感も強い方で、「私がやります」と

車で4時間半もかけて大阪にきてくださったのです。

5歳で捨てられて、顔もほとんど覚えていないのに・・・


シンプルながら、ちゃんとお父さんを送り出してくれました。

久しぶりに感動しました、男前ですわHさん!

まだまだ世の中捨てたもんやありません!

きっと今回のことは、ご自身に良いご縁として

帰ってくると思います。



小さいつぼにおさまった遺骨は、

お父さんの故郷のお寺を探して、

納骨するとおっしゃっていました。


                    blog_植田イラスト植田達也



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


どうも、荒尾です(・◇・)ゞ
今日は何の日なんでしょうか?
今日は「ふろの日」だそうです

「2(ふ)6(ろ)」の語呂合わせです。
日本のお風呂は元々むし風呂が主流でした。
しかし江戸時代以後に、浴槽を設けたものが現れ、
むし風呂は次第にすたれていきました。
風呂の日は、親子でお風呂に入って親子の対話を深めたり、
家族同士ふれあいを促すことを目的にしています。

ふろに関する昔話
(日本昔話)

「力太郎」   福娘童話集より

むかしむかし、あるところに、ふろに入ったことのない、
おじいさんとおばあさんがおりました。
ふたりには子どもがありません

ある日、はじめてふろに入ってアカを落としました。
すると、アカの出ること出ること、あんまりたくさんのアカが
たまったので、これであかちゃんの人形を作りました。

するとふしぎなことに、このアカでできた人形が動き出し、
人間のあかちゃんになってしまったのです。
「ありがたい、ありがたい。これは、神さまがさずけてくださった子だ」

おじいさんとおばあさんは、このあかちゃんを
「力太郎」と名付けて、大切に育てることにしました。
ところが、このあかんぼうは大変な大食らいで、
ごはんを食べさせれば食ベた分だけ大きくなり、
十五才のころには、名前のように、村一番の力持ちに育ちました。

おじいさんおばあさんは、えらく年をとってしまったので、
これ以上はたらいて、力太郎にごはんを食ベさせてやる自信がありません。

どうしたものかと、なやんでいますと、
「おらは旅に出る。百貫目(ひゃくかんめ→約375s)の鉄の棒をつくってくれ」

力太郎がいいだしたので、さっそく百貫の棒をつくってやると、
力太郎はそれをブンブンふり回して旅に出ました。

しばらくいくと、大男が石をげんこつでくだいて、人を集めています。
力太郎は、石割り男に力比ベをもうしこみました。
「おらの鉄棒を三回半ふり回せたら、おまえの子分になろう。どうだ?」
「いいだろう。できなければ、おれが子分になってやる」

石割り男は鼻で笑って、鉄の棒を手に取りましたが、一ふり半しか回せません。
そこで石割り男は、力太郎の子分になりました。
ふたりが旅をつづけると、お堂を背負って、いばっている男に出会いました。

「おらの鉄棒を三回半ふり回したら、子分になるぞ」
力太郎がもちかけますと、お堂男は、
「なんのこれしき!」

鉄棒を持ちあげましたが、二ふり半しか回せません。
そこで力太郎は、この男も子分にしました。
しばらくすると、人影のない村で、娘がひとりで泣いています。

力太郎がわけをたずねますと、
「じつはこの村には、まいばん化け物がやってきて、
つぎつぎと村人をのんでしまいます。今夜は、わたしが食ベられる番なのです」
と、答えるのです。

「そんな化け物くらい、おらたちがやっつけてやる」
力太郎は力強くいうと、かまいっぱいにめしをたかせ、
それをペロリとたいらげて、夜を待ちました。

夜中になると、化け物が現れました。
家よりも大きな、大男です。
「まずは、おれがやってやろう」
はじめに、石割り男が立ち向かいましたが、
あっけなくのみこまれ、つぎにとびかかったお堂男も、一口でペロリです。

「よし、最後はおらが相手だ! 百貫目の鉄棒を受けてみろ!」
力太郎が鉄棒をふり回しましたが、自慢の鉄棒は、かんたんにねじまげられてしまいました。
「それじゃあ、これならどうだ!」
力太郎は「えい!」とばかりに、化け物のまたの急所をけりあげました。

さすがの化け物もこれにはたまらず、ひっくり返ってうなりました。
力太郎は化け物の腹の上にとび乗ると、あたりかまわずふみつけます。

とたんに、化け物の口からは、これまで飲んだ人たちが、
つぎつぎと飛び出してきたのです。
化け物をやっつけた力太郎は、娘を嫁にもらうと、

おじいさんとおばあさんを山奥から呼びよせて、
村人たちがお礼にと運んでくるめしをたらふく食べながら、
しあわせに暮らしたということです。

めでたしめでたし

                     blog_荒尾イラスト荒尾


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

こんにちは。
今日も前々回前回に引きつづき、「お骨上げ」についてです。

お骨上げのさい、西日本では部分収骨といって、
ご遺骨すべてではなく、小ぶりのお骨箱に部分々々をご収骨することが多いです。

骨箱_胴骨4寸014寸・胴骨

私たちワンハートセレモニーも大阪・堺市の葬儀社なので、
お骨上げでは、部分収骨に立ち会う機会のほうが多いですね。

部分収骨の場合、
収骨後には、拾いきれないご遺骨が残るわけですが、
今日は、その残ったお骨のお話です。

とはいえ、
西日本すべての斎場に問い合わせるわけにもいきませんので、
大阪市堺市の斎場限定のお話になります<(_ _)>

まず、大阪府堺市の堺市立斎場の場合。
拾いきれずに残ったお骨は、
年1回の入札で決まった業者さんに委託して、
石川県輪島市にある總持寺祖院(そうじじそいん)
という曹洞宗のお寺にお運びされます。

その境内の供養塔に納められ、
ご供養されているそうです。
毎年9月には大きな法要も行われています。


次に、大阪市の市営斎場での場合。
大阪市には5つの斎場がありますが、
いったん平野区の瓜破斎場にお運びされ、
瓜破斎場内の供養碑にお納めされ、供養されるとのことです。

瓜破1瓜破2

                    blog_平田イラストひらた



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

故人に対する遺族の想いはさまざまです。
しかし、近年は「最後はきれいにして送ってあげたい。」
という方が増えている様に感じます。

私達もそんな想いを大切にしたいと思っています。
@「湯灌」 ⇒ 故人をお風呂にお入れしメイク・着替えなど・・・
        とても綺麗になり、まるで寝ているかの様に・・・」

A「仏衣・棺セット」 ⇒ 綺麗な色・柄のセットを揃えています。
              新作もありますよ。

仏衣A 仏衣@

@・A共にご遺族の方にとても喜んで頂いています。

そして、以前よりワンハートでは「納棺」という儀式をとても大切に考えています。
遺族と共に行う・・・参加型の納棺です!
故人とゆっくりお話しする時間をつくり、送って頂きたい!
と、私達は常々思っています。

                               煖エ 美智代


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

こんにちは。
皆さん、「ご弔詞」と「ご香志」ってわかりますか?

先日、会社の先輩に質問されたんですが・・・。
きちんと答えられませんでした

で、調べたところ
※「ご弔詞」の読みは「ごちょうし」で、
  意味は「弔いの言葉」「人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした言葉や文」
※「ご香(厚)志」の読みは「ごこうし」で
  意味は「相手の親切や行為などを指す表現」
 また、「ご芳志」「ごほうし」も同様に使われますが、「ご厚志」の尊敬語にあたるようです。

私は、「ご香(厚)志」の事を、お香典だと勘違いしてたんですが
お香典と=では無く、ご香(厚)志の中にお香典も含まれるようです。
なので、「ご(香)厚志辞退」とは、「お香典」「供花」「供物」全て含まれるそうです。

知らない事はもちろん
聞きなれない言葉や勘違いして理解していること等たくさんあって・・・
仏事事は、奥が深いです・・・。
これから少しずつですが
頑張って勉強しなければ!と思っています。

                        blog_天崎イラストあまざき



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


この前の続き といってはなんですが・・・
子連れママに向けて、お葬式の現場情報をひとつ、お届けします。


大阪府堺市の市立斎場(堺市堺区田出井町)に、 
『 授乳室 』 ができていました 


↓ 初めて見つけたときは、びっくりしました。
  「 おぉ〜 」 という感じでしたね
BlogPaint



職員の方によれば、
昨年末の補修工事の際に作られたそう。

場所は、
通夜ぶるまい や 精進おとし(あげ) を
召し上がっていただく 「待合室エリア」 。 
待合いロビーと同じ階層、地下1階にあります。

↓ 扉を開けるとこんな感じ。
BlogPaint



あんまり告知してないみたいですが
  ( これからかもしれませんけどね )
赤ちゃん連れのご家族さんにお会いしたら
ぜひ声をかけてみよ〜っと。

                     blog_吉田イラストよしだ



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

家族を亡くした方の感情はさまざまなものがあります。


悲しみのどん底に沈み、まわりの声はまったく聞こえない、

いや、わかっているけど聞きたくない方があります。

とても冷静で感情を出さない(出せない)方が

最後の最後に感情が爆発して号泣されることもあります。


葬儀社は、多少どんなことがあっても

時間通りに葬儀を進行し、出棺させますが、

そんな遺族には、なにが必要とされるのでしょうか?


基本的に時間とともに悲しみは癒えてゆくので、

そっと見守ってゆくのですが、宗教者などから、

生、老、病、死に関するお話を聞かせてもらうのも

通常状態に戻るきっかけになるでしょう。


遺族は「いつまでも悲しんでいてはいけない」から

いままでの生活リズムを取り戻そうと考えます。

まわりの人たちは

「がんばってね!」


声をかけ、はげまそうとします。

しかし、これが一番いけない言葉なんです。

遺族は言葉にしなくてもがんばっているのです。

「いつまでも悲しんでいたら亡き人が心配するよ」

これもあきません・・。


まわりの人たちやわれわれ葬儀社が

一番大切にしなければならないのは

ご遺族に寄り添い、いっしょに悲しみを

分かち合うことかなと思います。



悲しい気持ちには「私も寂しい・・」と

悲しみを共有してあげてください。

食事と睡眠をしっかりとってもらうことも

大事ですね。




                    blog_植田イラスト植田達也



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

どうも、荒尾っす(*・ω・)ノ

今日は何の日か知ってますか?
今日は【二十日正月(はつかしょうがつ)】だそうです。

二十日正月とは、日本の行事で1月20日のことを指し、
この日を正月の終りでそうです。
節目の日とする土地も多いみたいです( ´_ゝ`)ノ

かつては正月の祝い納めとして
仕事を休む「物忌みの日」だったみたいですΣ(゚д゚;)
この日をもって正月の行事は終わりになるんですって(≡ω≡.)

京阪神地方では、正月に用いた
鰤の骨や頭を酒粕・野菜・大豆などと
一緒に煮て食べることから
「骨正月」・「頭正月」とも言うそうです(゚∇゚ ;)エッ!?

他の地方でも、乞食正月(石川県)、棚探し(群馬県)、
フセ正月(岐阜県)などと言って、正月の御馳走や餅などを
食べ尽くす風習だそうです・・・・・・(; ̄Д ̄)

ウィキで調べたら出ましたので載せちゃいました
皆さん知ってましたか?

ボクは全然知りませんでした・・・(; ̄Д ̄)


blog_荒尾 淳



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪市・堺市でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

こんにちは。
前回は、「西日本」と「東日本」のお骨上げの習慣の違いについて、
書かせてもらいました。

西日本 = 部分収骨
東日本 = 全収骨
でしたね。

今回はその理由を調べてみました。


と、その前に「火葬の歴史」を簡単にふり返ってみます。

  火葬の歴史は古く、仏教とともに伝わったとされています。

  その名残で、「火葬する」ことを一般に「荼毘に付す」といいますが、
  この荼毘(だび)は火葬を意味する梵語 jhpetaに由来する、
  仏教用語なんですね。

  日本で最初の火葬は、西暦700年、僧・道昭とされています。
  仏教とともに伝わった火葬なので、
  最初に荼毘に付されたのは。お坊さんだったわけです。

  ところで、人の身体は大量の水分を含んだますから、
  火葬には大量の薪ですし、
  収骨のためのお骨を残して焼き上げる技術も必要です。

  ようするに、火葬って大変なんですね。
  そのため、近代に入るまでは、
  火葬できる人は、位の高い人か、お金持ちでした。

  しかし徐々に火葬技術も高くなり、火葬も普及してゆくのですが、
  明治6年(1873年)、明治政府が、「火葬禁止令」を布告します。
  (神仏分離令に関連してのことだそうです)

  その2年後には、この禁止令は廃止され、火葬は解禁されますが、
  この時期あたりから、東西の収骨の習慣の違いが形作られたようです。


その経緯については、コチラの本に詳しいです。
  葬祭の日本史 講談社現代新書葬祭の日本史 講談社現代新書
著者:高橋 繁行
販売元:講談社
(2004-06-21)
販売元:Amazon.co.jp


一部抜粋してみます。

「火葬解禁に伴うかたちで行われた火葬取締政策で興味深いのは、
火葬された遺骨を同じその場所に埋めることを禁止したことである。
言い換えると、この火葬取締によって東京では火葬場と墓地の分離が図られた。
ところが一方、火葬研究協会の武田至氏の話によれば、
大阪では、その火葬取締の通達が守られず、その結果、
火葬場と墓地が隣接することになったという。

現在、東西の火葬における骨上げの習慣の大きな違いとして、
関東は遺骨を全部拾う全収骨であるのに対して、
関西では一部分だけ拾う部分収骨が行われていることが挙げられるが、
武田至氏は
「その習俗のちがいは、明治八年の火葬取締の通達を守ったか守らなかったのかの違い」
と見ている。
つまり、大阪は墓地が火葬場の隣りにあったので部分収骨し
残りの骨は墓地に埋めることができたのに対し、
東京では墓地が火葬場から遠いので、骨を残さず全収骨したというわけである。」


つまり、
火葬の歴史は古いけれども、
一般人にまで普及しはじめたのは、明治時代に入ってからで、
東西日本の収骨の違いも、
いがいと「政治的」な事情によるところが大きそうです。


それにしても、大阪人は、お上の通達を守らなかったのですね。
今も昔も、その「やんちゃ」な気質は変わってないようです。

                      blog_平田イラストひらた

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


こんにちは。
今日はいちだんと寒さが厳しい気がします。

こんな日は外出せずに家でコタツに入ってDVDでも見たいですね〜
って、実際は今日も仕事なんですけど・・・ね。

先日、上映中の映画の中で、
「私の観たい映画ランキング1位」の映画
を観に行ってきました。

その映画は「ホビット」です!

私のだ〜い好きな映画「ロードオブザリング」(← 超おすすめです!)の続編です。
と言っても今回の「ホビット」は「ロードオブザリング」の前のお話しなのですが・・・

おもしろかったです!
今回も3部作なので、次回が楽しみです。
まだ観ていない方は是非行って下さいね。

あっ!「ロードオブザリング」を観ていない方はDVDで観てからの方がいいですよ。
もちろん、3話全部ですよ。

                    煖エ 美智代


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


こんにちは。
皆さん、過去帳とお位牌って知ってますか?
私は、まだ新人ということもあって(元々あんまり知らないんですが・・・
このお仕事をさせてもらうまでは、聞いたことがあるくらいでした。

以前、お手伝いさせて頂いた浄土真宗の檀家さんから
「実家には過去帳があって、
自分のお家には先に亡くなった人のお位牌があるんですが、
両方用意してもよいですか?」
と質問された事がありました。

お亡くなりなって、四十九日までは白木のお位牌をご用意されることが多いです。
そして四十九日以降は、
浄土真宗の場合、過去帳を
それ以外の宗派の場合は、お位牌をご用意されることが多くみられます。

しかしどの宗派の場合も、
お寺様に相談されたうえでなら、
どちらともご用意されても問題はないと思います。

ご家族様が納得されるのかたちをとるのが大事だと思います。
そして、一番は故人様を想われるお気持ちだと思いますので。
 
                      blog_天崎イラストあまざき


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


たまたまですが、最近お葬式で
 “カワイイお子ちゃま” に会う機会が続きました。

つい先日は
お孫さんたち大集合の家族葬で、とても賑やか&和やかな雰囲気。
その中でも1歳の女の子は 皆のアイドル的存在でした。
ホントめちゃ可愛かったです 

聞けば、曾孫さんなのだそう。
曾おじいちゃんはさぞ喜んでおられたでしょう。


ただ、子連れでお葬式に参列する場合、
やっぱり 「ママ」 は大変だと思います!!

お通夜が始まるのは夕方から、 
お葬式は、お昼前後からが多いのですが、

ソレって、小さな子どもが
一番グズグズしちゃう時間なんですよね〜
(個人差はありますが、うちの子どもたちはホンマそうでした  )

まして、いつもと違う場所と雰囲気。 
さらに、遊んでくれるお兄ちゃんお姉ちゃん、おじさんおばさんが
たくさんいるのだから、興奮しちゃうのは当たり前です。

お通夜・お葬式が始まってもすぐに静かにできるのは
「大人」 と 「大人の言うことが聞ける子ども」 だから。

3歳未満のお子ちゃまには無理な話・・・・だと、私は思います。

泣いたりグズッたりするわが子と周囲を気遣って
席を立ち、
式場の外に出て、
あやしているママたちを見るにつれ
「大丈夫ですよ」と、
つい声をかけたくなります。  (大丈夫ですよね?会社の先輩たち)

先日のお葬式で会った、1歳の女の子のときは、
「ワタシ、抱っこしててもよいですか?」
と、ママの承諾を得て、しばらく抱っこさせてもらいました 

少しの間でしたが・・・
ワタシの肩の上ですやすや寝てくれた 〇〇ちゃん、
ありがとうね 


                                        blog_吉田イラストよしだ



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

葬祭デイレクターなるものができて、
もうずいぶんたちますが、
現在、お葬式自体が、一昔前とはかなり状況が変わってきて、
試験の内容も、より実践的なものになってきたように思います。

以前はほとんどなかった、
遺族の悲しみのケアに関することが増えてきて、
逆に、壁や天井に幕を張ったり、式場内外の装飾を施す実技が
ほとんど無くなってきました。

最初からすべて出来上がっている
専用葬祭ホールでのお葬式が増えてきて、
それらの重要性や必要がなくなってきたのでしょう。

また試験に受かったから良かった、ではなくて、
実際に現場で活かせる知識を勉強し、
吸収できたことのほうが大事ですね。

誰でも最初は失敗して、悩んで、
自分なりに勉強して解決してゆきます。

ぼくも葬祭ディレクター1級を持っていますが、
最初は失敗!失敗!失敗!・・・・・・・・・また失敗(TーT)・・・
ごはんがのどを通らない日々の連続でした。

特に「現場の空気を読む」・・・なんてことは、
経験・場数をふんでわかってくるものですから、
そんな資格は持っていなくとも、
にわか葬祭デイレクターなんて足元にもおよばない
すばらしい仕事人もたくさんいらっしゃいます。

机の上の知識だけでは、お葬式のお手伝いなんてできないです。                          
                  
                植田達也blog_植田イラストBlogPaint


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


どうも、荒尾です(*^・ェ・)ノ
今日は「タロとジロの日」だそうです
タロとジロってナニ?と思いまして調べてみました。

1958年に南極観測の来ていた人たちは
厚い氷に行く手を阻まれ観測を断念したそうです。

観測に行っていた人たちは救助されたものの、
15頭の犬は南極に取り残されたそうです。

しかし、1959年の14日にタロとジロ、2頭の生存が確認されたんです。
と簡単ではありますが説明させていただきました

ちなみにこの記念日は、「愛と希望と勇気の日」とも呼ばれています。

k0007211タロとジロです
                    
               一緒に日本に帰ろう〜blog_荒尾イラスト荒尾


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


こんにちは。
今日は「お骨上げ」について書かせてもらいます。

「骨上げ」、「骨揚げ」、「収骨」など呼び方がイロイロありますが、
荼毘に付された故人様のご遺骨を、ご親族の手で骨壷に収めることですね。

この骨上げには、西日本と東日本とで、習慣に違いがあります。
西日本では、「部分収骨」といって、
喉仏を中心にご遺骨の一部を拾って骨箱に納めます。

かたや東日本では、ご遺骨をすべて骨箱に納める「全収骨」なのです。

したがって、使用するお骨箱の大きさも、
東西日本で異なります。

骨箱_胴骨4寸01
「部分収骨」ならこの大きさのお骨箱が多いですね

骨箱_胴骨7寸01
お骨を全部拾うならこのぐらいの大きさが必要です

弊社ワンハートセレモニーは大阪の葬儀社なので、
「部分収骨」に立ち会う機会が圧倒的に多いのですが、
故人様への思い入れが非常に深いご遺族が、
「全収骨」を希望される場合もあります。

また、故人様が沖縄や九州出身の方の場合も、
「全収骨」を希望されることが多いように思います。

そう考えると、「西日本」=「部分収骨」という訳でもないようで、
葬儀の世界の奥深さを感じます。

ところで、「全収骨」と「部分収骨」の東西を分けるのは、
日本海側は富山県あたりから岐阜県を通り、
愛知県の東側にいたるラインといわれています。
これに関して、こういった本もでています。
火葬後拾骨の東と西 (火葬研究叢書)
火葬後拾骨の東と西 (火葬研究叢書)

うーん、ずいぶんマニアックな本ですね。
葬儀屋さんでも、持ってる人は少なそうです。
僕も興味はあるものの、値段もそこそこするので、
買う踏ん切りがつかず、今に至っています(笑)


                   blog_平田イラストひらた


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

毎年、この時期になると行かせてもらう場所があります。

戎さん!です。

葬儀屋さんで商売繁盛って不謹慎な気もしますが・・・

ご遺族の方に「いいお葬式が出来た」と思って頂けるお葬式が、

多く出来る様に毎年お参りに行かせて頂いています。

今宮戎まで行くのですが、人が・・・めっちゃ多い!

特に夕方からは人・人・人・・・!

お参りもゆっくり出来ません。

戎さん夕方ごろの戎さん

そこで、数年前からは昼間に行く様にしています。

おかげで、今年もゆっくりお参りしてきました。

お昼ご飯は「一芳亭」で美味しい焼売を食べて来ました!
(もちろん!スタッフのお土産も購入しましたよ)

これも、毎年お決まりです!

一芳亭一芳亭の焼売

                         煖エ 美智代


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

大阪・堺でのお葬式はお任せ下さい
【ワンハートセレモニー】


大阪・堺でのご葬儀・家族葬を自宅・寺院・集会所・市立斎場でご提供。
病院へのお迎え・ご自宅への搬送など、365日24時間で対応しております。

葬儀事前相談・手元供養と癒しのお店
【ワンハート 祈りのかたち】


大阪・堺でのご葬儀・お葬式・家族葬・供養に関するご相談はお任せ下さい。

有限会社 ワンハートセレモニー

電話 : 0120−96−1810

メール: info@e-kazokuso.com

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総数681件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ページの先頭へ

葬祭 葬儀 大阪 SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール
家族葬